ひでぽんの司法試験あれこれ
旧司法試験をメインテーマに、その対策や分析について、徒然なるままに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度論文試験の反省
18年はプロフィールにあるとおり、合格まで
後一歩だった。

しかし、論文不合格者の友人達
と再現の分析をして、やはり恐ろしい試験
であると再認識。

全員トータル的には合格レベルの答案を
揃えているにも関わらず、1・2通の
芳しくない答案によって不合格となっていた
からだ。

思うに合格点の上下にいる1000人ほどは
団子状態であり、少しの差で逆転可能性が
ある。

そんな中で何とか合格するには、やはり
基本をしかっり押さえ、かつ答案上で
正確に再現できるようにする。

しかも、穴の無い様、万遍なく行う。
それが重要ではないか、そう感じた。

当たり前のことのようだが、なかなか出来ないのだ。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。