FC2ブログ
ひでぽんの司法試験あれこれ
旧司法試験をメインテーマに、その対策や分析について、徒然なるままに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

択一刑法の勉強②
択一刑法で、ネックなのが
時間対策だろう。

おそらく、択一で落ちている人の
多くが、

刑法で時間不足

解ける問題も、焦りから落す。

と言うお決まりのパターンを踏んで
いるのでないか?

よく、「後10分あれば受かっていた」
と言う人がいるが、
それは現実逃避である。
言っても意味がないことだ。

これを根本的に解決するには、
事務処理能力を向上させるしか道がない。


そこで、事務処理能力を向上させる
ポイントを二つほど指摘したい。

一つ目は、
問題演習の徹底的な反復
である。

よく、「自分は刑法苦手だから、
色々な問題に当たりたい。」
という人がいる。

実はその発想が
そもそもの間違いである。

苦手な人間ほど、一つのことをキッチリ
こなせるまで、徹底的に反復し、
他のことには手を出さないことが
肝要である。

要するに、事務処理能力が劣っている
というのは、問題解決に至る手順が
回路化されていないからだ。

頭の良い人間は、それを意識せずに
身に付けられる。
しかし、私のような凡庸な人間は
反復して、体で覚えるしかない。

とりあえず、過去10年分の問題を
一瞬で解けるまで繰り返し、
どうしても物足りなくなって
から、別の問題集などに手を出せ
ばよい。

普通はそんな状態に至れば、
余裕で合格できる実力は身に付い
ているのだが・・・。


二つ目は、
自分の不得手な部分を意識し、
その原因を潰すこと

要するに、単に反復するだけでは
ダメなのである。

反復しているうちに、解く時に
決まって躓く箇所の存在に気づくはずだ。

そここそが、その人の事務処理
の弱いところ、弱点である。

その原因は何なのか突き止め、
そこを徹底的に強化する。

その原因は様々であろう。
知識不足かもしれないし、
論点の理解不足かもしれない。
或いは、その問題形式への
不慣れさかもしれない。

そこを把握し、叩き潰せば、
気がつけば苦手意識は
無くなっているはずだ。


絶対に、過去問以外に
手を広げないこと。

そして、反復する時も、
漫然と行わないこと。

それに気をつければ、
きっと刑法は楽勝科目になるはずだ。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。