FC2ブログ
ひでぽんの司法試験あれこれ
旧司法試験をメインテーマに、その対策や分析について、徒然なるままに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体系を意識しよう④
前回、刑法は体系を最も意識しやすい
科目と書いた。

これは、裏を返せば、刑法は最も
体系が構築されており、重要ということ。

すなわち、体系を崩した答案を書いたら、
その時点でアウトという
ことだ。
特に総論に顕著。

とするなら、普段の勉強でも体系を
意識した勉強が大切となる。

その具体的な方法だが、以下は昨年の優秀な
合格者から伺い、昨年から繰り返した方法。

1.構成要件
2.違法性
3.責任
4・処罰阻却事由

という大枠を作る。
その上で、各要件を具体化する。

1.構成要件
 ・実行行為
 ・結果
 ・因果関係
 ~
2.違法性
 ・正当防衛
 ・緊急非難
 ~
3.責任
 ・責任故意
 ・責任能力
 ~
4.処罰阻却事由
 ~
といった具合。

それから、所謂各論点が
その体系のどこに位置するか
を具体的に割り振っていけばよい。

1.構成要件
 ・実行行為
    >不作為犯の実行行為性
    >間接正犯
    ~
 ・結果
 ~
2.違法性
 ・正当防衛
    >防衛意思の要否
    >
 ・緊急避難
 ~
3.責任
 ・責任故意
    >誤想防衛
 ~
4.~
  
などなど。
かなり、大雑把なのが申し訳ない。

これを問題を潰す際に一々やっていく。
最初はかなり面倒かもしれない。

しかし、繰り返しているうちに、
ある時から、問題文を読みながら、
体系をイメージして、各要件に
当てはめまで出来るようになる。

体系を道具として使いこなせている
証拠だと思う。

こうなったら、近時の長文問題も
全く怖くなくなる。
是非試していただきたい。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。