FC2ブログ
ひでぽんの司法試験あれこれ
旧司法試験をメインテーマに、その対策や分析について、徒然なるままに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19年憲法第2問③
<現時点の感想>

私はあまり統治が得意ではないのですが、
今回は悪くはないかなと思っています。

ただ、やはり憲法は舞い上がっており、
そのせいか、問題文の具体的文言を
十分に使えていません。

特に、内閣が必要と認める時という
条件について触れていないのは、印象悪。

また、構成中では考慮していた、最高裁の
意見が内閣を拘束するという部分も
書いている途中で飛ばしているのに
気づき、慌てて挿入しまくりました。

更に、「他の機関が条約締結手続きに
関与すべきでない」、とか「最高裁が
条約締結手続きに関与すると、影響を
受け、司法権の独立を侵す危険がある」
とか言いながら、参考程度に聞くのはOK
としたのは、いかがなものかとも
思いますね。

悪くもないが、切れも感じさせない
といったところでしょうか。

あと、司法権の独立は余事記載でしょう。


<まとめ>

書くべきテーマは、比較的見えやすいが
意外と書きづらいというのが、
多くの受験生の印象ではないでしょうか?

統治は人権に比べ、例年レベルが低いので、
今回も意外に受験生全体の出来は
良くないかも知れませんね。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。