FC2ブログ
ひでぽんの司法試験あれこれ
旧司法試験をメインテーマに、その対策や分析について、徒然なるままに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文過去問の使い方(各論②)
今日は勉強すべき深さの分析
について。

過去問では一見すると、
細かい知識が要求されているような
問題が時折出題される。

しかし、実際そんなことに答えられる
受験生は一握り。
そういう部分に拘って、勉強を
していくと、勉強する範囲は無限に
広がっていく。

多分、大方の受験生が直面する
最大の悩みではないかと思う。

逆に言うと、最初からやるべき範囲を
絞りきれる人は、すぐに受かってしまう
のではないか。

したがって、3の分析は非常に重要
となってくる。

これに対する対策は、出題の趣旨で
要求されている事項をまず把握。
その後に、受験生の再現答案を検討。
試験委員の要求に、現場の受験生が
どこまで答えられているのかを把握。

そうやって、その問題でどこまで書けば
沈まなかったのか、どこまで書けばAに
なったかを分析。

そうやって、現場の受験生の合格レベル
を把握し、そこに到達するには
どうしたらよいかを、考える。

そして、それを普段の勉強に反映させる。
それ以上掘り下げるのは後回しする。

そうやって、地道にやっていくしか
ない気がする。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。